スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでたラッシュ♡

{C5A61B1A-6D6E-41CE-9CFF-6718AF6CD34A:01}


最近、お友達やクライアントさんから、おめでたの報告が相次いでます♡

みんなすごいタイミングでいらっしゃる方々ばかり。

やはり、お空からタイミングをうかがっているんでしょうね。

うちのこの方↑もすごいタイミングでして。。
この方は「幸せを伝えるために来たんだよ」と真剣な顔で教えてくれました。

時々、ぽろっと色々なことを教えてくれるのですが、それがかなり深いです。

必要な課題をクリアすると、ちょうどいいタイミングで必然的にいらっしゃる赤ちゃんたち。

赤ちゃんたちと接していると、生きることや愛や家族について、色々、教えてもらうことばかりです。

その大きな愛にいつも尊敬の念を抱いています。




スポンサーサイト

生後二ヶ月の赤ちゃんとのコミュニケーシヨン

今日はお仕事で生後二ヶ月の
赤ちゃんとお話しさせて頂きました。

生後二ヶ月とは思えない、
コミュニケーシヨンの達人っぷりに
驚かされました!

ご家族がみんなで、ずっと向き合って
いるので、ご本人も大満足の様子。

生後二ヶ月の段階から上手に自己表現が
できている素晴らしい方でした(*^^*)

生後二ヶ月の赤ちゃんでも、
会話は成立するんですよね。

お仕事として、こんなに素敵な時間を
過ごさせて頂いたことを嬉しく思います♡

Sさま、ありがとうございました。
また是非、遊びに来て下さいね。

胎内記憶とたいわとベビー手話のお話し会@長野

昨日は鵠沼海岸サロン時代からの
お客様からご依頼を頂き、長野で
胎内記憶とたいわとベビー手話の
お話し会をさせて頂きました

日帰りの出張だったので、
車の運転がハードでしたが
とても素敵な会になって、
私にとっても素晴らしい学びの
機会となりました

Nさん、ありがとうございました

お話をしたい事が沢山ありすぎて
どこから話したらいいか。。。という感じ
だったのですが(笑)、参加して頂いた皆さんは
とても意識の高い方たちで、とても真剣に
メモを取りながら、大笑いをしながら、ハッとしながら
会を楽しんで頂けたようでした

今回は胎内記憶の具体例やお子様への聴き方
たいわのエピソードや天使ちゃんたちのこと
愛着形成の重要性やベビー手話について、
家族のパートナーシップやお子様との接し方など
とても盛沢山な内容でした

質問コーナー以外にも
会が終わってから、個人的に質問を
して下さった方も沢山いらして、嬉しかったです。

今回は松本や軽井沢からわざわざ
お越し頂いた方もいらして、感動しました

こうしてお話をさせていただくことで
1人でも多くのママが笑顔になって頂けたら
私もとても幸せに思います。

主催して頂いたNさんのところには
感謝と感想のメールが沢山届いたそうで
それを聞いて、私もとても嬉しかったです。

妊娠中から始める、お子様との
コミュニケーションについてご興味がある方が
いらしたら、お声をかけて下さいネ
私に何かお手伝い出来る事があるかもしれません






リアクション上手な赤ちゃん(笑)

先週末に我が家にて行われた新年会に
7か月の妊婦Yちゃんも参戦してくれました

ママがおしゃべりを楽しんでいる間
ベビさんが大人しくしてるな~と思っていたのですが
それを本人に伝えると「そうなんですよね~。いつもは
すごく動くのに・・・」と

そして、それを聞いたベビさんが急に動き出して
会話に相槌を打っているかのように
激しいリアクションを返してくれるようになりました

今まで、色々とお話をしたかったようで
「あ、わかってくれた」と思ったら、様々なリアクションで
一生懸命伝えようとしていて、すごく楽しかったです

色々な事でイライラしがちで、赤ちゃんとの時間を
持つこともままならなかった彼女ですが、
赤ちゃんがあまりにもナイスリアクションで(笑)
すごく楽しくなって、沢山話しかけて、
愛おしさも増したようでした

更には後日電話をくれて、旦那さまと一緒に
赤ちゃんとのおしゃべりを楽しんでる♪とのこと

これから4月の予定日まで、お兄ちゃんと御夫婦とで
沢山お話をして、みんなで赤ちゃんとの楽しい時間を
すごせたらいいな~、素敵だな~と思いました




流産や死産などを経験された方へのメッセージ

「赤ちゃんにリピーターになってもらうために。。。」

大事な大事な赤ちゃんを
亡くされた方にシェアさせて
頂きたいと思い、この記事を書きました。

もしかしたら、読まれる方によっては、
不快な気持になることもあるかもしれません。
でも、流産を経験された
サロンのお客様にこのお話をしたら
すごく楽になったと仰っていた方が
いらしたので、紹介させていただきました。

8月の講演会の際に池川先生が
仰っていたことなんですが、

「流産や死産という形でお空に帰って行った
赤ちゃんたちは最初から自分で期間を
決めているんです。

例えば、旅行に行った先の宿の女将が
もっとゆっくりしていって下さいと言っても
スケジュール通り、家に帰るでしょ?
それと同じ事なんです。

だったら、引き留めるんではなくて、
アメニティを充実させるとか
ふかふかのベッドを導入するとか
美味しい食事を用意するとか
リピーターになってもらうための
工夫とか努力が必要なんですよ。」

実際に、天使ちゃんに聞いてみると
「下見にきてみた」
「分かってもらいたい事があって来た」
「助けたくてきたけど。。。」という
お答えが返ってきたりします。

とても大事な赤ちゃんを
亡くされる事は御家族にとって
つらく悲しいことだと思います。

でも、割とまた来てくれる子も
多いんです。。。
人間としての成長を助けるために。

そしてまた来てくれるようになるためには
その方の課題にそったチェックシートがあって
そのチェックが合格ラインに達すると
赤ちゃんがやってきてくれるようなんです。

もしかすると、天使ちゃんはママに
何か分かってほしかった事が
学んでほしかった事があるのかも
しれません。

その事について、真剣に向き合って
ご自身で解決する事によって
天使ちゃんが合格と認めてくれて
再度、選んできてくれるのかなと
思っています。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。