スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しかった出来事

先日、私にとって大革命が起こりました。


それは、とても嬉しい出来事でしたニコニコ




今回はかなりプライベートなお話です。


ブログで書いていいものかどうか迷いますが、自分の思いを


整理するためにも思い切って書いてみたいと思います。


自分の弱く、醜い部分も隠さず書こうと思いますので


そんな私のお話でも、ご興味があるお方はお付き合いください。




私は、今まで自分の家族とうまく付き合うことが出来ませんでした。


自分だけなんだか異質のような気がしていて。





母とはこのところうまく関係が築けるようになったな~と


思っていたのですが、たった一人の姉妹である姉とは


どうしても仲良く出来ませんでした。


顔をあわせても、最低限の会話をするだけ。





子どもの頃からずーっと、さむーい関係を続けていました。


一緒に姉妹仲良く買い物なんてほとんどいったことなどありせん。


友達の仲の良い姉妹関係をみると、よくうらやましがったものです。


年がはなれているせいか、同じ目線で話をしてもらった記憶もありません。


何をするにしても、否定的で、正直私は好かれていないという


思いをずっと持ち続けてきました。




以前、大切な人に裏切られ絶望の淵で苦しんでいたときも


助けてもらったというより




『だからあなたはだめなんだ』


『そうなったのは自業自得』




的な感じで受け止めてもらえず、大変さびしく、かなしい思いで


家族の中、一人苦しみに耐えていた気がします。




姉という存在は私にとって嫌いな存在というよりも


怖くて、近寄りがたい、遠い存在だったように思います。


昔は『私はこの家の子どもではないんじゃないか』と本気で思っていました。





そんな私に対し、旦那様は『依怙地にならずに色んな方向から物事を


見られるようにしたほうがいい』と言われ、姉と仲直りすることを


勧められていました。でもやっぱり怖くて、先延ばしにしている自分がいました。




そんななか最近、家族の中で重大な困ったことが起きてしまい


その問題をクリアするためには、どうしても姉との仲を


修復しないといけない状況になってしまいました。





今まで、逃げ続けていた問題が目の前にドンと置かれた感じ。


私は怖いのでどうにかして、逃げ出したかったけど、もう猶予がない状態。


旦那さまに相談してみても、やはり私から姉に働きかけるしかないとのこと。





そして、やっとのことで、話し合いを呼びかけても


今度は姉の方がなんやかんや理由をつけて同じ席につこうとしません。


どうやら姉も私が意を決して本気で今までの問題に手をつけようと


しているのに気が付いているみたい。


姉も姉で何かから逃れようとしているようでした。




それでもなんとか逃げたい気持ちと戦いながらも呼びかけ続け


ついに姉と二人で向かい合って話をする時がやってきました。





実家にて話し合いをすることにしたのですが、


もう実家に行きたくない気持ちでいっぱいで(笑)


胃まで痛くなるし、気持ち悪くなるし。。。





実際に話をしてみて、最初はすごい抵抗にあいました。


鬼の様な形相をされ何を言ってもシャットアウト状態。。。


何とか糸口、突破口を見つけようと必死でした。


いつも途中で泣きながらでないとモノが言えなくなる私なので


何とか涙があふれてくるのを懸命にこらえ感情的にならぬよう努めました。


途中で凹んで逃げ出したくなったけど、頑張って、踏ん張って。


最後にはやっぱりしゃくりあげてワンワン泣いてしまったけど


ずっと言えなかった、伝えたかったことを伝えました。





ずっと寂しかったこと


甘えたかったこと


怖かったこと


本当は仲良くしたいこと


大好きなこと


困っている姉の力になりたいこと





などなど、私なりに一生懸命伝えました。


そして逃げずに本気で向き合った結果





お互いに理解しあうことができました。





今までの30年以上の溝を埋めることができました!





姉が初めて、妹の私に本音で話をしてくれました。


初めて、苦しんでること、弱っていること話してくれました。


泣きながらやさしい言葉をくれました。


ごめんねって言ってくれました。


ありがとうって言ってくれました。





そして、とってもとっても暖かいHugをしてくれました☆


それは旦那さまにHugしてもらうのとは違う


私が小さかった頃からずっとずっと欲しかったHugでした虹




欲しかったものがやっともらえた今


振り返ってみると私は私で、自分のことしか考えることが出来ず


物事を一つの方向からしか見ることが出来なかったので


すごく偏った考え方をしていたと思います。


私は一人で被害者意識の塊になっていじけていましたねしょぼん




家族は家族なりに、私のことを愛してくれていたのだなと


今だったら理解できるのですが、今まではそんな風に考えることも


出来ませんでした。余裕がなかったんですね。




温かいHugをした後は、初めて姉と『普通の会話』をしました。




普通の人からみたらなんでもない会話なのでしょうが


私にとっては姉と『普通の会話』ができたことがうれしくて


うれしくてたまりませんでしたドキドキ





そして帰り道、自分が今まで一番恐れていたことがはっきりと理解できました。





それは『人から拒絶されること』





小さい頃の私は、姉に優しくして欲しくてたまりませんでした。


仲良く遊んだり、買い物したり、相談にのって欲しかった、甘えたかった。


でもいつも拒絶され、とても寂しい思いをしていました。


拒絶され寂しい思いをするのがいやで


自分の思いを伝えるのをやめてしまいました。


そうしていつのまにか姉のことが怖くなってしまったのだと思います。





今考えると、この思考のクセができてしまったから


お友達を作ることもなかなか出来なかったんだな~と。


このことが理解できたらなんだかすごく気持ちが楽になりました音譜





師匠と義母によく『もっと強くなりなさい!』と言われたのですが


『強くなること』の意味がやっとわかった気がします。


『強くなること』それは『相手を信じること』そして『自分を信じること』


なのかな~と。


今、ようやくその一歩が踏み出せた感じがします。





以上が今回私に起こったとってもうれしい出来事でした。


かなり私的なお話でしたが、最後まで読んで頂きましてありがとうございました!





最後に





あらためて


旦那さまありがとう。


お姉ちゃんありがとう。


心配して見守ってくれたママありがとう。


天国から見守ってくれてたよね、おとうちゃんありがとう。


みなさんありがとうございます。


神様ありがとうございます。



スポンサーサイト
コメント

1. 無題

先に心を開くのはきっとかなり勇気がいったと思います。
すごく頑張ったんですね。。。
ほんと良かったです゚゚・(≧д≦)・゚゚・:,。゚・:,。☆

2. >すごくわかります

私の場合は
姉妹問題ではありませんが
(姉妹は仲良しです。
TOP写真も妹と甥といっしょのです♪)
ありますね~

問題から逃げていると
どん!と目の前に置かれるんですよね~
(´□`。)

泣きたいわけじゃないのに
泣けてきちゃうだけなのに
「泣けばいいと思って」とか
言われちゃうし・・

立ち向かっていったcoco-lomiさん
すごく頑張ったと思います!

3. 本当に

良かったですね。
ココロミさんが様々な思いを乗り越えて、歩み寄るというか、ぶつかっていった勇気の賜物だと思います。
私も同じような状況にあります。
家族仲が良い人って、正直羨ましいです(^^ゞ
家族って他人より、時につらいものだったりしますね。

4. To ワイオリちゃん

ありがとう☆
大分ドキドキでしたが、いい結果になってよかったで~す(*^_^*)

5. To キャエタンさん

ありがとうございます☆
ホント必要なときにドンと置かれた感じでした。
でも頑張って立ち向かっただけありました~(*^_^*)

6. To tamasatamasaさん

ありがとうございます☆
tamasaさんも頑張って、乗り越えることが出来るといいですね!
応援しています(*^_^*)

7. 雪解け

つらく長い冬だったね・・

暖かい春がきたね・・
いま球根から新芽がやっと出てきた感じね。

涙出た・・きっと 私のなかにも同じものがある

話さなくても何となくあなたと気が合うのも
同じ感覚をもっているのかな・・と・・・

これからもっと素敵な毎日になりますように



8. To LIKAちゃん

ありがとう☆
LIKAちゃんも嬉しい出来事が訪れますように!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。