スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流産や死産などを経験された方へのメッセージ

「赤ちゃんにリピーターになってもらうために。。。」

大事な大事な赤ちゃんを
亡くされた方にシェアさせて
頂きたいと思い、この記事を書きました。

もしかしたら、読まれる方によっては、
不快な気持になることもあるかもしれません。
でも、流産を経験された
サロンのお客様にこのお話をしたら
すごく楽になったと仰っていた方が
いらしたので、紹介させていただきました。

8月の講演会の際に池川先生が
仰っていたことなんですが、

「流産や死産という形でお空に帰って行った
赤ちゃんたちは最初から自分で期間を
決めているんです。

例えば、旅行に行った先の宿の女将が
もっとゆっくりしていって下さいと言っても
スケジュール通り、家に帰るでしょ?
それと同じ事なんです。

だったら、引き留めるんではなくて、
アメニティを充実させるとか
ふかふかのベッドを導入するとか
美味しい食事を用意するとか
リピーターになってもらうための
工夫とか努力が必要なんですよ。」

実際に、天使ちゃんに聞いてみると
「下見にきてみた」
「分かってもらいたい事があって来た」
「助けたくてきたけど。。。」という
お答えが返ってきたりします。

とても大事な赤ちゃんを
亡くされる事は御家族にとって
つらく悲しいことだと思います。

でも、割とまた来てくれる子も
多いんです。。。
人間としての成長を助けるために。

そしてまた来てくれるようになるためには
その方の課題にそったチェックシートがあって
そのチェックが合格ラインに達すると
赤ちゃんがやってきてくれるようなんです。

もしかすると、天使ちゃんはママに
何か分かってほしかった事が
学んでほしかった事があるのかも
しれません。

その事について、真剣に向き合って
ご自身で解決する事によって
天使ちゃんが合格と認めてくれて
再度、選んできてくれるのかなと
思っています。







スポンサーサイト
コメント

1. (^-^)

私たち夫婦も、今のこどもを授かるちょっと前に早期でしたが、流産を経験しました。

その時旦那さんが、あの子はまた絶対に戻ってきてくれるって言ってくれて、それで自分を責める気持ちを慰めることができました。


命は尊いですね。


命を懸けて伝えに来てくれたメッセージを忘れないで生きていきたいと思いました。ありがとうございました。

2. To もこさん

コメントありがとうございます。

そうだったんですね。。。
素敵な旦那様ですね!

赤ちゃんたちの命がけのチャレンジ。
このことについて私達はきちんと
受け止めないといけませんよね。

貴重な体験をシェアして頂いて
ありがとうございます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。