スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感受性と表現力

先日、お知らせしたフラのワークショップですが
じわじわとお申し込みを頂き、嬉しく想っております☆
皆さん、ありがとうございます

ルミ先生のブログに表現力について
書かれていた記事があり、この頃、私自身も
同じような事を考えていたので、私が感じていたことを
書いてみたいと思います。

ipodfile.jpg


ベビー手話の先生としても、ロミロミのセラピストとしてでも
共通して言える事なんですが、人間として生きていくうえで
感受性と表現力と言うのは、とても重要な事だと思います。

人とのコミュニケーションをするうえで、
感受性と表現力が弱いとコミュニケーションが
スムーズに進まなくなる可能性が高まりますからね。。。

近頃、この二つが弱くなっている方が
増えているような気がします。
そして、自分自身の感覚を信じる事が
出来なくなっている方も。

更には相手に合わせる事を最優先にして、
自分自身が置き去りになって
しまっている方も。。。

一見、コミュニケーションは
良くできているように見えるけど
自分自身の心の負担が大きくなりすぎてしまって
生きて行くのがしんどくなってしまう。

その根源となるのが
「自己肯定感の欠如」だと感じています。

自己肯定感が形成されていくのは
乳幼児期です。

乳幼児期の愛着形成がうまくできて行かないと
自己肯定感を持つことがなかなか難しくなって
しまうんですよね。。。

思い当たることがある方は
一度、ご自身のご両親との関係性を
見直してみるといいかもしれません。

今起こっている事の応急処置としての
対処療法を考えるのではなく、
問題の根本であるご自身の内側に
目を向ける事はとても重要な事だと思います。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。